ピラティストレーナーが教えます!冷房で身体が冷えた時に・・・『座ったまま1分でぽかぽかエクササイズ』

ピラティストレーナーの三宅尚子です。

職場の冷房で身体がキンキンに冷えていませんか?

夏日が続いているとは言え、ずっとお部屋の中で作業をしていると、半袖だと寒くなったりしますよね。

また、外回りのスタッフさんが帰って来られる職場は、空調が低めの設定になっているかもしれません。

そのせいで、「夏場の方が身体が冷えている」という方が増えています。

さて。この冷えですが、意外と身体にとっては、ストレスでなんです。

特にストレスの影響を受けるのは、自律神経です。

人間はストレスを受けると、交感神経が優位になり、緊張状態になります。

緊張状態になると、血管が収縮し、血行が悪くなって、肩コリや頭痛の原因にも。

そして身体は、さらに冷え冷え状態になります。

なので、冷え対策として、カーデガンを羽織ったり、膝掛けを使ったり、、、色々工夫されていると思います。

中には、耐えきれず、吹き出し口にテープを貼りました、、、なんて方もいらっしゃいました。笑

ですが、冷えた身体はなかなか温まりませんね。

そこで!職場でこっそりできる、冷え冷えの身体を温めてくれるエクササイズをご紹介します。

↓↓↓腕の付け根から、指先までしっかりと伸びるストレッチです。

※写真は立って行っていますが、椅子に座ったままでもオッケーです。

①手の指を思いっきり開きましょう。

全力でパーにしてください。

日常生活で、指は握り込む動作が多いので、開きにくい方がいらっしゃいます。

↓写真のように指が開かない方は、末端の血流が滞っているかもしれません。

②中指が天井に向くように、腕を真横に上げていきます。

↓写真では、中指が後ろ側を向いています。

この向きでは、腕がしっかりストレッチできないので、気を付けましょう。

③さらに手の平で遠く押すように伸ばしてみましょう。

肩が上がらないように、気を付けてください。

腕がピリピリ伸びてきたら、上手にできていますよ。

↓写真では、肩が上がっているので、首が痛くなってしまいます。

↓肩が上がってしまう方は、斜め下を押すように伸ばすと指先までしっかり伸びます。

以上に気を付けながら、20〜30秒、続けてみてください。

指先までピーンと意識を持っていくのがコツです。(片手ずつでも大丈夫です。)

 

*トイレに立ったついでに

*コピーの合間に

*PC作業がひと息ついたら

何かの隙間時間にぜひやってみてください。

指先から、ポカポカ温かくなってきますよ。

肩コリの方にも、オススメです!

 

 

 

千葉市美浜区の幕張ベイタウン内でピラティスのパーソナルレッスンを開催しています。

おひとりおひとりのお悩みに合わせて、レッスンさせていただきます!

まずは体験レッスンにお越しください。

当日の流れや料金などを下記に記載していますので、良かったら覗いてみてくださいね。

ピラティスのパーソナルレッスンの詳細はコチラです

出張ピラティス・出張ヨガのお問い合わせ

相談する