生理中って運動して良いの?女性ホルモンと運動について

ピラティストレーナーの三宅尚子です。

「生理中って運動しない方がいいの?」とお客様に、よく聞かれます。

私は積極的に運動をオススメしています。

特に、ストレッチと筋トレ、両方の要素を持っているピラティスがおすすめです!

今日は、なぜ生理中に運動をオススメするのか、その理由についてお伝えしますね。

生理中の痛みや倦怠感には個人差がありますが、適度な運動は生理痛を和らげてくれる場合もあるので、上手に取り入れていただきたいです。

女性は月に1度、必ず生理がやってきますね。

下腹部の痛み、冷えやむくみ、頭痛や重だるさなど、生理期間中は憂鬱な方も多いと思います。

生理が始まると、体温が下がるので、身体が冷えて血流が滞りやすくなります。

そんな時だからこそ、軽めの運動をして身体を温めて、血液の巡りをよくしてあげましょう。

そして、女性には2つのホルモンがあり、それぞれのホルモンが排卵と生理のサイクルに応じて、バランスを取っています。

このホルモンバランスが崩れてしまうと、生理前後の様々な不調に繋がります。

ホルモンバランスが崩れる原因としては、睡眠不足やストレス、運動不足などがあります。

つまり・・・

ストレスや睡眠不足

背骨周りの筋肉がガチガチに固まる

さらに、運動不足による筋力低下

姿勢が崩れる(背骨や骨盤に歪みが生じる)

脳からのホルモンの伝達がうまくいかず、ホルモンバランスが崩れる

身体の不調による、さらなる運動不足

という負の連鎖が始まってしまいます。

なので、運動によってストレスをうまく発散させることが何よりも大事です。

そして、失われた背骨周りの柔軟性や筋力アップのためにも、運動は欠かせません。

歪んでしまった背骨&骨盤に関しては、ピラティスの大・大・大得意分野!

ピラティスは、背骨まわりの筋肉をほぐして整え、骨盤を安定させる筋力がつきます!

日常生活においては、背骨をねじったり、横に倒したり・・・日々積極的に動かしておくと良いでしょう。

生理中も上手に運動を取り入れて、気分転換してくださいね。

ピラティスは、生理中に特にオススメですよ♪

幕張でピラティスをお探しの方は、下記のスタジオでピラティスを体験していただけます。

ホームページの「簡単ネット予約」よりご予約をお願いいたします。

https://five-beauty.com/

出張ピラティス・出張ヨガのお問い合わせ

相談する