ピラティスは難しくない!ピラティスが上達するコツとは?!

ピラティストレーナーの三宅尚子です。

「ピラティスって難しそう・・・」というお声をよく耳にします。

ピラティスは正しく動く事を目的としていますので、インストラクターの指示はとても細かいです。

ほんの数ミリ位置が違うだけでも、使う筋肉が違ってしまうからです。

なので。

・指示してもらっても、まるで意味がわからない…

・なんとなくイメージは湧くけど、実際にはできている気がしない…

・自分では正しく動いているつもりでも、インストラクターからポジションを修正される…

こんな事もできないのか、とガッカリしちゃう方もいらっしゃいます。

私も最初は、思い通りに動かせないもどかしさと悔しさでいっぱいでした!

 

そんな方に、今日はピラティスが上達するコツをお伝えしたいと思います。

ピラティスは、呼吸に合わせて・正しい姿勢で・無駄な力を抜いて・ターゲットとする筋肉に集中して・・・etc.

同時に考えることがたくさんで、頭がパンパンになってしまいますね。

なのでまずは、取り組むことを絞ることをオススメします。

そこで、一番最初に意識して取り組んでいただきたいのは、呼吸です。

なぜなら、正しく呼吸することで、以下のようなメリットがあるからです。

・体幹の深層の筋肉の活動を高める

・筋肉をリラックスさせる

・心と体を結びつける

・精神を安定させる

・新鮮な酸素をたくさん取り込める

・不要な二酸化炭素やガスを体外に排出する

・内臓をあるべき位置におさめる

ということは・・・呼吸が上手にできるようになれば、おのずと正しい姿勢や、無駄な力を抜けるようになります。

呼吸こそが最高の健康を得るための鍵であり、ピラティスの核をなすものなんです!

 

では、呼吸の注意事項をいくつか書き出してみますので、ひとつずつ取り組んでみてください。

①吸う長さと吐く長さを均等にする

②鼻で吸って、口で吐く(鼻が詰まっていても、鼻で吸ってみましょう!)

③肩に力を入れない(呼吸の度に肩をすくめていませんか?)

④首に力を入れない(首筋が張っていませんか?)

⑤吸った時、肋骨が横に広がるように動く

⑥吸った時、背中側もふくらませる

⑦太ももに力を入れない

⑧背骨を縮めない(丸めない)

⑨だんだん早くならないように

⑩動作と呼吸を合わせる(リズミカルに)

最初は、全部できなくても気にすることはありません。

できるようになったものから、どんどん組み合わせていってみましょう。

やっている内に、あなただけのイメージが生まれ、ふと身体にストンと落とし込めることでしょう。

ひとつずつ無理なく継続して取り組むことが、大事です♪

 

無理なく、自分のペースで取り組みたい!という方は、プライベートレッスンがおすすめです。

イメージ通りに身体を動かせるように、お手伝いいたします。

プライベートレッスンは、幕張ベイタウン内で開催しています。

詳細は、コチラをご覧ください。↓

ピラティスのプライベートレッスンのお問い合わせはコチラです

 

出張ピラティス・出張ヨガのお問い合わせ

相談する