夜中に足がつることはありませんか?安眠妨害のこむら返りは、コレで予防しましょう!

ピラティストレーナーの三宅尚子です。

「最近、足がよくつる」というお悩みはありませんか?

「足がつる」は、『こむら返り』とも呼ばれていますね・・・

特に、夜中から朝方にかけて、ふくらはぎがつって目が覚めてしまうという方が、実に多いのではないでしょうか。

寝ている時の不意打ち攻撃…本当に痛いですよね(>_<)

足がつる原因は以下のようなものがあります。

①スポーツなどで大量に汗をかいた

②お酒をたくさん飲んだ

③足が冷えている(冷え性)

④ストレスで身体がカチカチに固まっている

⑤運動不足 など

①と②に当てはまる方は、水分とミネラル類を一緒に補給できるスポーツドリンクを飲むと良いですよ。

また、牛乳・小魚・豆類・海藻類などが不足していると感じる方は、予防のために積極的に食べる事をおすすめします。

③~⑤に当てはまる方には、ピラティスがおすすめです。

では今日は、なぜピラティスがおすすめなのかを、お伝えしたいと思います。

<ピラティスの得意技その1>

姿勢が良くなる

私達人間は、前での作業が多いので、前傾姿勢になりがちです。

すると、後ろ側の筋肉はあまり使われなくなり、背面は血行が悪くなってしまいます。

つってしまうのも、背面の筋肉がほとんどではないでしょうか。

ピラティスで背骨や骨盤のバランスを整えて、背面の血行を良くしていきましょう!

<ピラティスの得意技その2>

インナーマッスルを鍛えることができる

インナーマッスルとは、骨に近い場所にある、深層の筋肉です。

インナーマッスルは、関節を曲げたり・伸ばすという動作と一緒に、ねじる・回すという動作の補助を行います。

肩や股関節などをぐるぐる回せるのは、インナーマッスルのお陰なんです。

インナーマッスルが上手に使えないと、ロボットのようなカクカクした動きになってしまいますので、疲れやすくなります。

ピラティスは、そんなインナーマッスルを鍛えるエクササイズがたくさんありますよ♪

ストレスなどで身体がガチガチに固まっている方は、インナーマッスルを鍛えましょう。

<ピラティスの得意技その3>

気持ちよく筋肉を伸ばすことから、思わず悲鳴をあげちゃうエクササイズまで、バリエーションが豊富!

ピラティスのエクササイズの強度は、とても幅が広いです。

高齢の方からアスリートまで、おこなえるエクササイズです。

なので、運動不足の方・運動が苦手なかたでも安心して参加していただけます。

運動不足を感じつつも、何をしたら良いのかお悩みの方には、ピラティスがぴったりです。

いかがでしたか?

ピラティスで姿勢を整え、インナーマッスルを鍛えて、こむら返りを予防しましょう!

幕張でピラティスをお探しの方は、下記のスタジオで体験していただけます。

https://five-beauty.com/

姿勢チェックなども合わせてご希望の方は、プライベートレッスンがオススメです。

プライベートレッスンは、幕張ベイタウン内で開催しています。

詳細はコチラをご覧ください↓

カレンダーの「予約可能」と記載の日時を指定のうえ、お申し込みください。

ピラティス・プライベートレッスンはコチラから

出張ピラティス・出張ヨガのお問い合わせ

相談する