お子さんに抱っこをせがまれるママの肩こりに、ピラティスをおすすめする理由とは?

ピラティストレーナーの三宅尚子です。

抱っこ魔世代のママさん、肩こりにお悩みではありませんか?

肩だけではなく、首や背中まで鉄板のように固い方・・・

肩こりのせいで全身が重く、倦怠感を感じている方・・・

頭痛や吐き気まで起こる方もいらっしゃるかもしれません。

 

私の子供達も全員抱っこ魔。子育て中はずっと肩こりに悩まされていました。

抱っこの姿勢は本当につらいですよね、、、背中の張りと肩こりは常にセットでした(涙)

しかし、私はピラティスに出会ってから、肩こりを感じることは年々なくなってきました。

辛い肩こりでお悩みの方には、ピラティスをおすすめします!

なぜピラティスがおすすめなのか・・・今日は、子育てママさんの肩こりの原因と一緒にお伝えしていきたいと思います。

 

子育てママさんの肩こりの原因として、次のようなものがあります。

①運動不足

家事や育児でバタバタと動いているようでも、実際は運動不足を感じている方も多いのではないでしょうか。

また、疲れ果てて、運動をする気力がない方も多いかもしれませんね。

しかし、運動不足になると、筋力が低下してしまいます。

頭や腕の重さを支えているのも筋肉なので、筋力がなくなると、肩にかかる負担が大きくなってしまいます。

また、筋肉は使うことで凝り固まった筋肉がほぐれます。

筋肉は使わなければ、血行不良を起こして、固まってしまうのです。

②抱っこの姿勢

抱っこをする時の姿勢を観察してみてください。

お腹を突き出して、骨盤をテーブル代わりにお子さんを支えていませんか?

しかも、片腕で抱きかかえることが多く、骨盤の左右バランスも崩れてしまいがちです。

また、お腹が突き出ると、腰は反ってしまいます。

腰が反ると、頭は前方に移動して猫背の姿勢に・・・

抱っこ世代のママの筋肉はアンバランスになっていることが多く、こうして姿勢は崩れていってしまいます。

この姿勢の崩れは、筋力不足が原因です。

特に産後は、お腹のチカラが入りにくく、そのままチカラの入れ方を忘れ去ってしまう方が多いのです。

③イライラと睡眠不足による緊張

子育て中は、何かとイライラを感じやすいですよね。

疲れているのに、眠れない・・・というお声もよく聞きます。

人間はストレスを感じると、自律神経の中の交感神経が優位になり、血管を縮こまらせて筋肉を固くさせ、ストレスに対抗しようとします。

眠れない時も交感神経が優位になっている状態です。

リラックスする時間を持って、副交感神経を働かせることが大事です。

が、なかなか難しいのが、子育て中のママさんのお悩みでもありますよね。

 

私もこんな状況の時にピラティスに出会いました。

娘が3歳の頃。もちろん、まだ抱っこ魔でしたよ。

学生時代の先輩に勧められて、まずは体験レッスンに行ってみました。

体験レッスンの最初に姿勢チェックがあって、、、、自分で思っていた以上に「猫背」で、ビックリしました(笑)

実際のピラティスレッスンは、マット1枚の上で呼吸に合わせて動いていきます。

エアロビクスのようなダイナミックな動きはしないのですが、なぜかキツイ!!

普段あまり使っていない筋肉を動かしたからでしょうか、次の日は思いもよらないところが筋肉痛でした。

特に弱さを痛感したのは、「お腹」です!

産後、チカラが入りにくくなっていたお腹の筋肉に、パチンとスイッチが入った感じ。

お腹にチカラの入れ方がわかると(思い出すと)、抱っこが少し楽になったのも感動的でした。

また、レッスンを受けた日は、気持ちよくぐっすり眠ることもできました!

 

もう抱っこをせがまれることはなくなり、ちょっと寂しい今日この頃ですが・・・

少しでも楽に抱っこする方法なども、ピラティスを通してお伝えさせていただいています。

ピラティスなら運動不足の方でも、無理なく安心して始められます。

少しだけ日常を離れて、自分自身のカラダと向き合ってみませんか?

続けることで、猫背も改善され、スタイルもよくなり一石二鳥ですよ♪

 

 

幕張でピラティスをお探しの方は、下記のスタジオで体験していただけます。

少人数制のレッスンなので、しっかり効果を実感していただけますよ。

幕張のピラティス スタジオの詳しいご案内はコチラです

 

出張ピラティス・出張ヨガのお問い合わせ

相談する