野球チームの監督やコーチが知っておきたい「野球選手のケガ予防」の方法とは?

ピラティストレーナーの三宅尚子です。

野球チームの監督さん、コーチのみなさん。

『選手のケガを防ぎたい』という希望をお持ちではありませんか?

ケガをしないということは、競技スポーツにおいてとても重要ですよね。

相手との接触など、外的な要因でのケガを防ぐのは難しいですが、筋力の弱さや、間違った身体の使い方によるケガは防ぐことが可能です。

そんな中でも、さまざまなケガは、「不良姿勢」が原因であることが多いです。

姿勢が良い選手は、ケガが少ないと思いませんか?

不良姿勢=姿勢が崩れている状態は、背骨・骨盤・大腿骨と続く骨格と関節の並びが適切ではありません。

この状態のまま運動を続けると、関節への負担が大きくなってしまいます。

特に野球は、同じ動作を繰り返すことが多いので、一点の部位の組織を消耗してしまう傾向にあると思います。

つい痛みや違和感がある部位に着目してしまいがちですが、そこに原因があることは少ないです。

例えば、投球時に肩関節に違和感がある場合。

・肩関節が固くなっていないか

・股関節に動きの制限がないか

・体幹の筋肉は弱くないか

など、どこに機能障害が起きているのかを観察していくと思います。

ですが、個々にアプローチしていくには、とても時間が掛かってしまいますよね。

そんな時にはピラティスを用いることで解決します!

ピラティスは・・・

*ストレッチ

*筋力強化

*バランス強化

*身体の動作法

以上のアスリートに必要な要素を、同時に行うことができるトレーニング方法です。

①股関節の可動域をあげるエクササイズを

②正しい姿勢で行うことで体幹を強化し

③さらに上半身を動かしてみて

④動作中に良くない癖がでてきたら、修正しながらおこないます。

このようなたくさんのアプローチに対して、ひとつの種目で対応できるのもピラティスの特徴です。

練習項目がたくさんあって、トレーニングの時間がなかなか取れない時も、効率よく時短でトレーニングできます。

そして、ピラティスは、エクササイズマットさえあれば簡単に導入できるトレーニングです。

マットの上で、呼吸と共に動きます。

動きのあるエクササイズですが、エアロビクスのようなダイナミックな動きではなく、普段あまり意識しない小さな筋肉をしっかり動かしていきます。

特に背骨に意識を向けた動きは多いです。

背骨まわりの筋肉を安定させ、骨盤・大腿骨とつながる関節の並びを正しい位置に修正します。

ケガを防ぐには「正しい姿勢」を習得し、「正しい姿勢で動作する」ことが大事です。

 

 

私達Team35は、ピラティスでのチームサポートをおこなっています。

トレーニングの基礎となるピラティスを取り入れてみませんか?

ご質問・ご相談は、下記のお問合せフォームよりお願いいたします。

出張ピラティス・ヨガのお問い合わせはコチラです

 

 

出張ピラティス・出張ヨガのお問い合わせ

相談する