電車でパカーンと膝を開いて座っていませんか?その姿勢が、メリハリのない洋ナシ体型の原因に?!その理由と対策について、ピラティストレーナーが教えます!

ピラティストレーナーの三宅尚子です。

*下っ腹がパンツに乗っかる

*お尻が垂れていてパンツが似合わない など

下っ腹から下半身にかけて脂肪が多くついてしまう「洋ナシ体型」にお悩みではありませんか?

果物の「洋ナシ」のように、下半身が主に太りやすい・・・

メリハリがなくて、脚もむくみやすく、なかなか痩せないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんな洋ナシ体型の方に、今からすぐできるオススメな対策があります!

それは・・・『日常での動作を正しく行う』です。

朝起きてから夜寝るまで、何気なくやっている動作が、筋肉の固さや弱さを招いている可能性があります。

そしてこの動作を続けていると、徐々にスタイルが崩れて太りやすい身体になってしまいます。

日々の暮らしの中での悪い習慣を見直すことで、未来のスタイルに大きな差が出ること間違いなしです♪

今日は、洋ナシ体型の方に心掛けていただきたい「電車での座り方」についてお伝えしていきたいと思います。

通勤で電車を利用されている方は、良かったら今からやってみてください!

電車に座っている時のあるある

近年は、電車に座っている時、スマホを見ている方が、ほとんどではないでしょうか?

スマホの操作による猫背姿勢の方はとても増えています!

猫背の他にも首が傾いたり、口がポカンと開いていたりする方も多いですね。

次いで、膝がパカーンと開いている方もよく見かけます。

この膝パカーンは、可愛い服が残念なことにもなりますよね・・・

この何気ない座り方が、身体の機能を低下させる理由

①首が傾く

人間は、身体のどこかが傾くと、また違うどこかを傾けてバランスを取ろうとします。

ダルマ落としの原理と一緒です。

身体のズレは、血液やリンパの流れを妨げ、むくみの原因になることがあります。

②猫背姿勢

猫背姿勢の弊害は数えきれないくらいあります。

例えば、女性の方が一番気になっているお腹ポッコリは、猫背姿勢によるお腹の筋肉の弱化が原因です。

そして実は、口が開いてしまうのも猫背姿勢が原因なんです。

頭が前に出ることで、口を開ける筋肉が優位に動いてしまうからです。

口が開いていることで、呼吸が浅くなってしまい、ますます猫背を助長してしまいます。

ということは、お腹の筋肉はずっと休憩状態に・・・

③膝がパカーンと開いている

膝が開くのは、内ももの筋肉が弱っているせいです。

さらに、骨盤の後ろ側にある筋肉のチカラも弱いため、骨盤も開き気味に・・・

これが、横に引き伸ばされたようなポテッとした体型を招く原因です。

そして、内ももの筋肉は、下っ腹の筋肉の協力筋なんです!

内ももが弱ると、もれなく下っ腹にもチカラが入りにくくなってしまうんですよ。

電車での正しい座り方とは?

まず、スマホを見る場合。

その場合は、写真のように顔の正面にスマホを持っていきましょう。

すると、自然とお腹が伸びてお腹にチカラが入り、美しい姿勢に変わります!

お尻の真上に頭が乗っている状態だと、口も閉じやすくなりますよ。

座席には深めに腰掛け、背中にこぶしひとつくらいすき間をあけて座るとより効果的です♪

そして、時々スマホを見るのをお休みして・・・

写真のようにスマホを膝で挟んでみましょう。

すると、内ももにキュッとチカラが入り、下っ腹に自然とチカラが入ります。

注意点は、膝だけではなく足元も閉じること!

「膝だけ閉じたい」内股気味の方は、特に気をつけて脚全体を閉じて座ってくださいね。

 

どうですか?

この姿勢で長く座っているのは内ももやお腹がプルプルして、かなり辛いですよね?

最初は1駅くらいから、少しずつ時間を伸ばしていくように心がけてみてくださいね。

 

1駅もこの姿勢をキープできなかった方は・・・

ピラティスで弱っている筋肉を鍛えませんか?

ピラティスは、エアロビクスのようなダイナミックな動きはないので、運動が苦手な方でも安心です!

おひとりおひとり姿勢のチェックをして、適切なエクササイズをお伝えしています。

6月限定のキャンペーンも開催していますので、良かったら下記も覗いてみてください。

6月限定キャンペーンのお知らせはコチラをご覧ください

 

 

 

 

出張ピラティス・出張ヨガのお問い合わせ

相談する