ピラティスをはじめたばかりの方へ。ピラティスで鍛えたい筋肉をより効果的に鍛えるには?

ピラティストレーナーの三宅尚子です。

 

「ピラティスは難しい・・・」と感じていませんか?

ピラティスは正しい姿勢で、呼吸に合わせて、正確に、流れるようにエクササイズをします。

注意する点が多く、何をしているのかわからなくなる・・・

みんなと同じ動作ができなくて、焦ってしまう・・・

そんな方に、今日はピラティスで鍛えたい筋肉をより効果的に鍛えるコツをお伝えしたいと思います。

 

では、お客様のMさんとのレッスンを例にお話ししたいと思います。

Mさんは、40代の女性で、腰痛改善を希望されてピラティスレッスンにいらっしゃいました。

ピラティスは初めてでしたが、スポーツ好きで体を動かすのは嫌いではない、という方です。

そんなMさんが、レッスン後に言われたことがとても印象的でした。

それは・・・

「今まで、チカラを入れることが良いことだと思っていました・・・」と。

というのは・・・その昔、部活中に水を飲んではいけない!という時代がありました。

お客様は、ドンぴしゃでそんな時代に部活動に励んでいらっしゃいました。

とにかく全力で、日々歯を食いしばっていたので、このフレーズ。

「チカラを入れることが良いこと」

そんな感覚が身体に沁みついている、いわゆる体育会系の方は、「チカラを入れる」ということが得意なんです。

なので、このお客様は、ピラティスレッスンにおいても全力投球!

私としては、とても嬉しいことなのですが、、、

全力投球がゆえに、違う意味で苦しそうでした。

そこで、「チカラが入りすぎですよ!リラックス♪リラックス♪」とお声掛けをしました。

最初は、頭の中が?でいっぱいだったそうです。

「エクササイズ中に、チカラを抜いていいの?」と。

良いのです!!

リキみすぎると、ピラティスでアプローチしたい、背骨や肩甲骨・骨盤周りの筋肉(体の奥深くにある筋肉)が鍛えられません。

特にチカラが入りやすい肩や太もものリキみをなくすと、体の奥深くの筋肉にしっかりアプローチできます!

このお客様の場合、特に太ももに力が入りすぎていたので、チカラを抜くコツをお伝えしたら・・・・

「わ~~~、キツイ!!!!!」と(>_<)

「チカラを入れていないのに、キツイって不思議!!」とも。

表面の筋肉にチカラを入れすぎると、ピラティスで鍛えたい体の奥深くの筋肉を感じることが難しいんですよ。

特に昔、スポーツをされていた方はこの感覚が、きっとおもしろいはず!

ピラティスで鍛えたい筋肉をより効果的に鍛えるには、「チカラを抜くこと」が大事です。

意外でしたか?

ぜひ意識して取り組んでみてください♪

 

ただ今、ピラティスのパーソナルレッスンの体験受付中です!

おひとりおひとりのお悩み別にレッスンをしています。

場所は、千葉市美浜区の幕張ベイタウン内にて。

当日の流れや料金などを、下記に記載していますので、よかったら覗いてみてくださいね。

ピラティスのパーソナルレッスンの詳細はコチラです

出張ピラティス・出張ヨガのお問い合わせ

相談する